愛犬の病気で恐ろしい感染症

愛犬の病気で恐ろしい感染症

感染症の病気にもいくつかの種類があり、地域 によっても発生率が違い感染経路なども多種多様です。

 

目立って多い感染症はパルボウイルス。
これは 激しい嘔吐と下痢、脱水症状などを起こし、場合によっては短時間で死亡にいたることもある恐ろしい病気です。

 

他に多い感染症としてジステンパーは接触や空気感染などでうつります。発熱、鼻水、食欲不振、下痢の症状で進行すると神経系の障害が出ます。

 

パルボウイルス、ジステンパーとも効果の高いワクチンがあるので、外で散歩などを日常的にされているのであれば予防接種を受けておくことをお勧めします。